IllustratorでPNG,JPG,GIF等の書き出しをするとフォントが細くなる問題&解決法

illustrator_bitmap_output.png

IllustratorでWebサイトのレイアウトを作成している方も多いと思いますが、IllustratorからPNG、JPEG(JPG)、GIFといったビットマップ形式で画像を書きだすとフォントが細くなってしまう問題があります。

上のスクリーンショットはIllustrator CS3で小塚ゴシック Proを最も細い「EL」で表示させたものと、それをPNGファイルに書きだしたものを重ねて表示させています。

明らかにPNGで書きだした画像のほうが細く、そして文字色も薄くなってしまっています。 全体として画像が細くなってますね。

一時的にアウトライン化して書き出そう

この不具合を解決するには、Illustrator上で一旦フォントをアウトライン化させて、書き出すようにしてみましょう。

no_outline.png

outline.png

上の画像は最初の画像の文字をアウトライン化せずにそのままPNGで書き出したもの、下の画像がアウトライン化したものを同様にPNGファイルとして書きだしたものです。 アウトライン化する前のフォントとそっくりとまではいきませんが、アウトライン化したIllustrator 上のフォントと同じ見栄えになります。

ただ、アウトライン化した後はIllustrator 上でテキスト編集ができなくなってしまうので、書き出した後はアウトラインを元に戻しておくようにしましょうね。

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2011-03-30