Spigenバンパー付きiPhoneSEケースにSuicaカードが入れられるか試してみた

2019-10-21

iPhone11 MAXのような先進的なバージョンのiPhoneが次々とリリースされるなか、手の大きさや扱いやすさからiPhoneSEが根強い人気です。

ところが、iPhoneSE用のケースやカバーを探すと、実店舗ではほとんど置いてなく、Amazonや楽天などのネットショップでも非常に少なくなっています。

そんな中、Suicaカードが入れられる「araree half」というケースをずっと使っていたんですが、とうとうボロボロになってしまったので買い換えることにしました。

購入ポイントとしては以下。

  1. 手帳型ではない(ここ重要)
  2. Suicaカードが収納できる(もちろんタッチ決済もできる)
  3. おしゃれなiPhoneSE用ケース
  4. ちゃんとした作り(評価が高い)

です。

しかし、残念ながらすべてを満たしてくれるiPhoneSEケースはありませんでした。

そこで公式ではなくても強引にカードを入れられそうなおしゃれなケースを探したところ、Spigenのバンパー付き二重構造のiPhoneSEケースを発見!

「ネオ・ハイブリッド 041CS20184 (ガンメタル)」という商品です。

さっそく注文。

強引に底面にSuicaカードを置き、iPhoneを入れてみました。

このケースは黒い部分が柔らかくできているのでかんたんにフィットさせることができます。

そしてその上からバンパーを取り付けるという形です。

正直に言うとSuicaを強引に入れたぶん、フレーム部分がほんの少しだけ(気にならない人がほとんどだと思いますが)膨らんだように思えます。

それだけ完璧にフィットするように作ってあるということですね。

カメラ部分はピッタリフィット。

カードを挟んでいるにも関わらず、スピーカーやイヤフォンジャックもピッタリに見えます。

さっそくこれで駅の改札をSuicaで通過できるか試してみたいと思います!

追記:Suicaタッチ成功のお知らせ

無事に駅改札口でのスムーズなタッチ決済に成功しました。

ただし、ちゃんと電磁波カット用のシートをSuicaとiPhoneSEとの間にはさんでください。

はさまずにタッチしても全く反応しませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019-10-21