MacBookAir(late 2010)の内蔵モニタが真っ暗で映らなくなる

2012-07-09

MacBookAir

常にお仕事で持ち歩いているMacBookAir(late 2010)さんの目である内蔵ディスプレイモニタが認識されなくなってしまいました。

自転車で移動しているので、おそらく振動かなにかでしょう。
以前からminiDisplayPortのVGAケーブルとの相性があまりよくありませんでしたし、衝撃で内部の接触に何らかのトラブルが発生したものと思われます。

一応、Apple Store渋谷経由でAppleCareのほうに電話で問い合わせたのですが、PRAMのクリアSMCのリセットをやったものの効果なし。

海外でも同様の問題に遭遇している方がいらっしゃいました。
かなり泣きが入っています。(苦笑)
しかし 2012年のこの時期にいろいろな人が late 2010年モデルの液晶モニタに多くのトラブル事例が発生しているのですが、これは偶然なのでしょうか?

内蔵Color LCDが見つからない

幸いなことに外部モニターについては繋がるのですよね。
ところが「システム情報(/usr/sbin/system_profiler)」で見ると、以下のように普段見られる「Color LCD」が見つからないのですよ。

Graphics/Displays:
NVIDIA GeForce 320M:
Chipset Model: NVIDIA GeForce 320M
Type: GPU
Bus: PCI
VRAM (Total): 256 MB
Vendor: NVIDIA (0x10de)
Device ID: 0x08a2
Revision ID: 0x00a2
ROM Revision: 3571
Displays:
普通はここに「Color LCD:」の情報が表示されるハズ...
BenQ GL2430H:
Resolution: 1920 x 1080 @ 60 Hz
Pixel Depth: 32-Bit Color (ARGB8888)
Display Serial Number: XXXXXXXXXXX
Main Display: Yes
Mirror: Off
Online: Yes
Rotation: Supported
Adapter Type: Apple Mini DisplayPort To VGA Adapter
Adapter Firmware Version: 1.03

まったく認識されないという状況なので、これは修理しかないですね。

問い合わせたところ、液晶モニタ系は一律で34,650円33,443円の修理費だそうです。
痛いわ〜。。。

みなさんもMacBookAirの持ち運びには注意しましょうね。
バックアップもお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2012-07-09