Anker PowerHouse 200のソケット穴にキャップをつけたい

2019-03-25

Anker PowerHouse 200の端子(正面から見たところ)

災害時の非常電源用に「Anker PowerHouse 200」を買ったものの、非常用電源用でふだん頻繁に使わない人にとっては、このアクセサリーソケット(シガーソケット)用にポッカリと空いた穴にゴミやホコリが入らないようにしたいもの…

バッグも付属してませんしね。。

ソケットキャップって意外と高い…

そこで、Amazonでソケット用のキャップを探してはみたものの、送料も考えると1,000円近くして意外と高いし、レビューを見てもピッタリはまらなかったりと、なんだかリスクが高そうな感じ。

そこでピコーン!と思いつきました。

「アクセサリーソケットからUSB電源が取れるアダプタをあらかじめ突っ込んどけば、キャップ代わりになっていいんじゃない?」

そしてAnker PowerDrive Speed+2-1 PD & 1 PowerIQ 2.0 が見つかった

Anker PowerDrive Speed2-1

調べてみると、なんとAnker純正でUSB-C(Power Delivery)ポート+PowerIQ2.0USBポートを備えた「Anker PowerDrive Speed+2-1 PD & 1 PowerIQ 2.0」という商品が3,000円くらいで売ってあるではありませんか!

さっそくポチって、ドッキング!!

Anker PowerHouse 200 に Anker PowerDrive Speed2-1 を挿したところ

…んん?なんか出っ張ってるね…

でも気にしない!!ソケットのDC電源とPowerHouse200に付いているUSBポート電源を同時に使って、iPhoneとiPadを同時に充電してみた。

Anker PowerHouse 200 + Anker PowerDrive Speed2+1でUSB機器を同時に充電

おおおー、ちゃんと充電できている。しかもPowerDriveのほうはブルーLEDのリングが光ってかっこいい。

これでホコリが入りにくくしつつ、PDポート×2、USBポート×3、AC電源を備えたモンスター充電器が完成しました。

1,000円ちかくでただのキャップをつけるぐらいなら、より機能拡張して災害時に役に立つ充電器にしてあげたい。そんな願いが結実。

おまけ:AC電源の穴どうする問題

これは、ダイソーに向かってコンセントキャップ10個入り108円を買ってきてつけてみました。

Anker PowerHouse 200にACコンセントキャップをつけた

本当は黒が欲しかったんですけどね、でもまあOKでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019-03-25