REUDO RBK-2300BTi (折りたたみキーボード)使用感レビュー

rbk-2300bti-keyboard.jpg

普段、外で仕事をこなすことが多い私に、最強の武器「リュウド 折りたたみ式Bluetooth HID対応キーボード『RBK-2300BTi』」が届いたので、使用中の動画を含めてレビューをお届けしようと思います。

本製品はAndroidスマートフォンでも利用できますが、RBK-2300BTiはiPhoneやiPad, iPod touchなどのiOS向けに最適化された製品なので、今回はiPhone4での操作を前提にレビューさせていただきます。

外観

rbk-2300bti-size.jpg

折りたたんだ状態はこんな感じでジェットストリームと比べてみました。 ほぼ同じくらいの幅になりますね。

rbk-2300bti-thin.jpg

厚みもそれほどではなく、持った感じは文庫本を持っているような感触があります。

rbk-2300bti-case.jpg

ケースもスエード調のこんな感じのものが付属しています。 パチっとマグネットで止めるタイプで結構丁寧に作られていますが、持ち運びには若干大きくなるので、個人的にはそのまま持ち歩きたい感じ。 本体が以外に頑丈な作りをしているので。

セッティングしてみる

電池がない!?

rbk-2300bti-battery.jpg

RBK-2300BTi では単四電池を2本使うんですが、なんと付属していません(^-^;; 仕方ないのでエアコンのリモコンから抜き取って入れました。 事前に用意しておきましょうね。

付属のスタンドをセッティング

rbk-2300bti-iphone-on-stand.jpg

RBK-2300BtiにはiPhoneなどのスマートフォンを立てかけられるスタンドが内蔵されているので左上から抜き取ります。 かなり精巧でメカニカルな構造をしてます。

最後の取り外し部分で若干の引っ掛かりがあるんですが、これはたぶんこの状態で使うことも想定されているからじゃないかと思います。

rbk-2300bti-stand.jpg

実際、引っ掛かりがある状態で立てかけて使ってみましたが、ホームボタンを押しても後ろにずれないので、これはこれでアリですね。

iPhoneとのペアリングに挑戦

では、iPhoneとのペアリングをやってみます。

とりあえず動画を見てもらうとすぐに分かると思うんですが、iPhoneのBluetoothをオンにしたあと、RBK-2300BTiの「fnキー」と「Bluetooth」キーをしばらく同時押しすると、iPhone上にデバイスが表示されるので、それを突っついて表示されるキーを入力したらOKです。

思った以上にあっさりできました。

iTunesをコントロールしてみる

この機種はiPhoneやiPad、iPod touch の操作に最適化されていて、ホームボタンやソフトウェアキーボード表示ボタン、そしてiTunesをコントロールできるボタンがあります。

ホームボタン2度押しで、起動中の別アプリに切り替える操作も簡単にできますよ。

実際にコントロールしてみた動画がこちら。

特に遅延などもなく、曲送りや一時停止などが行えます。 この操作は他のアプリの使用中でも利用できるのが大きなメリットです。

動画では見切れていますが、iTunesコントロールを行う場合は「fn」キーも同時に押すようにしてください。

キーボードで文字入力やコピペを行なってみる

さて、ノマドで作業を行う場合に最も重要な機能として、文章の入力や編集機能があります。 どうしてもiPhoneやiPadではソフトウェアキーボードによる打ち間違いやコピペの面倒さがありますからね。

実際やってみると、想像以上に「使える!」というのが率直な感想。(初の使用なので動画では若干ぎこちないですが、今は普通のスピードで打ててます)

英語入力と日本語入力がMacでお馴染みのコマンド+スペースで切り替え出来るのはもちろん、シフトキー+カーソルキーで範囲選択して、文章のコピー(コマンド+C)、ペースト(コマンド+V)が出来るのに感動。。

また、ご覧のようにRBK-2300BTi接続中はソフトウェアキーボードが表示されないので、画面を2倍広く使えるのも大きなメリットです。 もちろん、ソフトウェアキーボードを表示させたければ「soft kb」キーを押せばせり出してきます。

…というわけで

初の折りたたみBluetoothキーボードを所有してみましたが、通常のキーボード利用者にも十分満足できるレベルに仕上がっていると思います。

価格は8,000円ちょっとするため購入時に躊躇してしまいましたが、外での文字入力のイライラを無くして生産性を向上させるための投資として考えた場合、十分なリターンが望める製品だと感じました。

ケースを外して本体だけであればジーンズの後ろポケットにも入る大きさなので、外出時にはとりあえず持っていくガジェットの1つになりそうです。

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2011-11-26