今の日本はこんなにヤバいのか…レビュー「この国を出よ」

2010-10-30

konokuni.jpg

まぁ、以前からいろいろとヤバい方向に行ってるとは感じてましたが、準備しておかないといけないですなこれは。

2人の悲壮感漂う導入部が不安を誘う

大前研一さんは以前からこの国の行く末を憂いてましたが、政治嫌いのユニクロ柳井さんまでが言わざるをえない状況にまで追い込まれた日本。

世界をまたにかける2人が目と足で見てきた世界から、今の日本がどんなに危険な状況であるか、また、そこにこれから生きていく若者に最後通牒を行なうという、刺激的な一冊。

財政の危機的な状況に始まり、発展の見込みがない日本経済、そして海外に哀れみの目で見られながら、全ての面で追いぬかれている日本人について語られています。

現状認識ができればあとは行動あるのみ

一方で、これだけ危機的な現状を語られたということは、ある程度の現状認識はできるわけで、あとは行動あるのみ!と考えることもできますね。

書かれているのは不安要素だけではありません。 どうすればこれからの若い人が希望を持った未来を生きていけるのかについても書かれています。

いま漠然と不安を抱えながら働いてる若い人に、元気を与えてくれる一冊かと思います。

もちろん、起業を考えている方にも必読の一冊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2010-10-30