自己啓発書を読むときに「これだけはやれ!」ということ

2010-10-15

jikokeihatsu_do.png

GIGAZINEさんに「ただ漫然と読むだけでは効果ナシ、自己啓発書やブログを読む時の心構え」という記事があったので便乗。笑

個人的にもっとシンプルなポイントを挙げたいと思います。

本一冊につき参考箇所を1つだけに絞る

自己啓発書はいろいろと長々と書いてありますが、読後1ヶ月後くらいに思い出せるところなんかほとんどありません。 だから、1箇所だけでいいです。 その本を読んで良かったと思うところを1つだけ覚えましょう。

「おっ!」と思うところがあったら

「付箋と貼れ」とか「メモを取れ」とか、いろいろ書いてありますが、それを実行に移そうとすると、嫌な義務感というか、プレッシャーになります。

むしろ、そう思うところがあったら「自分の行動に例えると…」と考えて「よし!これを明日やろう」というように、その場で行動にまでイメージしてしまいましょう。

これも一冊の本につき、1つだけでいいです。 ポイントは「1つに絞ること」です。

できないと思っている人ほど、自分に課題を多く課している場合が多いので、1つで十分なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2010-10-15