経堂のおしゃれな観光案内パンフレット「経堂DIARY」。無料!

kyodo_diary1.jpg

経堂コルティの完成に合わせて経堂という街の魅力を知ってもらおうという「写ガール」+「世田谷ライフ」+「小田急電鉄」のコラボによる経堂の観光案内フリーペーパー「経堂DIARY」ができましたよ!

すでにWebサイト上にも同様の情報が掲載されてますが、冊子になると一段と見やすく、見事な観光パンフレットになっていました。

カワイイ装丁!

kyodo_diary2.jpg

まず第一印象としてはデザインが「カワイイ!」こと。 若い女性をメインターゲットに、多くの写真と手書きイラスト、手書き文字を使って全体が作られています。

また、女性誌やCMで人気のモデル「一井沙織」さんを起用して経堂の街を観光してもらう、というコンセプトで作られています。 これは本気度がパネェですよ。

カフェ、雑貨、スイーツ、そして経堂の「人」

kyodo_diary3.jpg

観光といえば、おみやげとお菓子!ということでこのあたりもちゃんとサポートされていますよ。 「URESICA」「ハルカゼ舎」「ハチイチベーカリー」「ブドリカフェ」「甘ぼう」「lihnfa」「クルミ堂」「芝生」「さばの湯」などなど、歩ける範囲でひしめく魅力的なお店が勢揃い。

そして、珍しいのが経堂に住む「人」にスポットを当てていること。 そう、経堂の魅力のひとつはそこにいる人たちなんですよね。 このパンフレットには経堂にいる人たちの「いい顔」が溢れてます。

地図とお店の口コミで広がる経堂の魅力

kyodo_diary4.jpg

最後のページは広範囲な経堂マップに、紹介された店舗やスポットがマッピングされてます。 これをみて「どのエリアから行こうかな~」と悩んでみるのも良いですね。

馬事公苑エリアなどは若干距離がありますが、そんな時はレンタルサイクルサービス「がやりん」を利用しましょう。(これは経堂の魅力の一つとして紹介すべきだと思いますが) 電動自転車も1日300円で借りられるので、本書のエリアを子供や女性でも十分まわれます。

あと良いな~と思ったのが、「SHOP&SPOT」のコーナー。 紹介されたお店の人たちが、パンフレットに載っていない穴場を紹介しあうページ。 自分の好きなお店が推薦してくれるお店なら、ほぼ外れはないでしょう。

まだまだ足りない。 第2弾を希望!

という感じで「経堂DIARY」を見てきましたが、経堂の魅力はまだまだ紹介しきれていないと思います。 このパンフレットや雑誌には載ってないけど、魅力的なお店がまだまだあります。

まるで下北沢のように新しいお店がどんどん出来ていくのも経堂の魅力。(なくなることもあるけど。。) ぜひ第2弾、もしくは定期的に作っていただきたいな~と思いました。

あ、そうだ。 この「経堂DIARY」の冊子は小田急線の各駅に配布されているので、構内で見つからなければ駅員さんに聞いてみてください。 ちなみに経堂駅では有人改札口内のチラシ置き場に置いてありますよ。

他にも手に入るところがあったら教えてくださいませ~。

このページをシェアする

2 件のコメント

  • 須藤 達郎 より:

    4月9日頃キムラヤにありましたから、パンフレットに掲載されている店にあると思います。

  • 山下こうじ より:

    情報ありがとうございました! 掲載店にあるのであればGET出来るところが多そうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2011-04-10