話してばかりの営業さんは失敗ばかり。

2011-11-27

今日、新宿の高島屋デパ地下に贈り物のお菓子を買いに行った。

色とりどりのお店たちの中に、美味しそうなチョコのお店があった。

売り手はイケメン20代の清楚な男性。

おばちゃんたちが「ほうぅ~♪」と思いそうな雰囲気。

立ち寄って眺めていると、声をかけてきた。 「試食がある」と言う。

期待して喜んだが、すぐには出してくれない。

その代わり、延々と製品についてのアピールをし始めた。

これは外国からの直輸入で~、ここだけの販売で~、特別にこれをお出ししましょう。

そんな感じで2分ほど話された。

そろそろ「くれるかな?」と思ったが、まだ出ない。

食べると○○の香りがしてきますよ~。

なんだか催眠術にかけようとしているみたい。

ところで、ここまで私はほとんど何も話していない。

「早く欲しいんですけど…」「時間がないので他のお店もまわりたいんですけど…」「そんなにハードル上げちゃって大丈夫なんですか?」言いたくても、相手はその隙を作ってくれない。

もう一刻も早くその場を立ち去りたくなった。

商品の良し悪しはもう、どうでも良くなった。

4分後くらいに、ほんのちょびっとのチョコの欠片を出してくれた。

少量すぎるのとハードルを上げられたせいで、それほど美味しく感じられなかった。

それとも、待たされたストレスが味をかき消してしまったのかもしれない。

売り手の男性がさらに深い話をしようとしたので「時間がないのですみません…」と強引に逃げてしまった。

彼は突然の事に「は?」という驚いたような、少々怒ったような顔をした。

本当はこちらの話も聞いてもらいたかった。

どんな人に渡すのかとか、今日は買い物で歩きまわって疲れていることとか、他にどういうお店を見る予定なのかとか、こちらのことをもっと聞いて欲しかった。

買い物に来る人はみんな同じ気持ちじゃない。 同じ目的じゃない。 同じ境遇じゃない。 欲しいのはチョコじゃなくて、渡す相手の喜ぶ顔。 それを知らずに相手にモノが売れるのか。

彼は次に訪れた女性にもまったく同じ売り方をしていた。 結局その人も買わずに立ち去ってしまった。 彼は表情一つ変えず、元の位置に戻っていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2011-11-27