洋書型iPhone5ケース:BookBook for iPhone5詳細レビュー

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-using.jpg

iPhone4版につづき、iPhone5でもお世話になることにしましたTwelveSouth社の「BookBook for iPhone5」でございます。
今回は純正品を安心して入手したかったのでAppleストアで購入(4,980円)。今回も期待を裏切らない使い勝手の良さに仕上がってました。

純正品はこうなってます

iPhone4版ではあまりの人気にAmazon経由でも質の悪い偽物が大量に出回ったとあって、ちゃんと本物を入手したい人は多いかと思います。 iPhone5版でもさっそく半額以下の偽物が出回ってるみたいですね…

そこで「本物のBookBook for iPhone5はこうなっている!」をテーマにレビューしていきたいと思います。笑

まずはパッケージから

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-title.jpg

こちらが表面パッケージ。かなりカッチリした透明フィルムケースに収められていて、紙製の帯でくるんであります。

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-package.jpg

こちらが裏面パッケージ。Appleストアから送られてきたものにはフォーカルポイント株式会社のシールが貼ってあります。
それと表面にもありますが、社名である「twelveSouth」と12をあしらったシンボルマークがポイントですね。

おまけの謎カードとステッカー

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-furoku.jpg

あと何に使うか分かりませんが、3枚のカードとステッカーが入ってました。ステッカー封入はApple製品の真似をしてみたのでしょうか。

BookBook for iPhone5 をiPhone4版と比べてみる

次に中身をBookBook for iPhone4と比べてみます。1年以上使ってたのでかなり年季が入った感じになってますが(^ー^;)

iPhone5版

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-open.jpg

iPhone4版

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-iphone4.jpg

一目瞭然ですが違いがありますね。

まずiPhone本体を収める方法がiPhone4版では差し込み式だったのがiPhone5版でははめ込み式になってます。
iPhone4版ではタッチスクリーン上に被っていたケースの皮の部分が無くなったことによって、全面がフラットに使えるようになります。

あと縦に長くなったぶん、カード類を収めるポケットが1つ増えて4つになりました。iPhone4版では3つだったのでカードを混在して入れていた人も多かったのではないでしょうか。あと透明フィルムの品質が向上してピシっと張りが出てます。

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-differ.jpg

重ねるとこんな感じ。当然長くなってます。しかし…引退させるとはいえ手に馴染んでたiPhone4版も捨てがたいなぁ…

BookBookにiPhone5を装着

iPhone5をBookBook for iPhone5に取り付ける場合はプラスチック製の枠にパチっとはめ込む形で装着します。 難しい作りの部分ですが、さすが純正品、ピッタリフィットします。

枠はプラスチック製ですが上質さを失わないように本皮でコーティングしてあります。かなりいい仕事してますね。

上アングル

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-fit-top.jpg

下アングル

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-fit-bottom.jpg

横アングル

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-volumes.jpg

基本的に操作の邪魔をしないような余裕のスペースをとったデザインになってます。

カメラホールが付いた!

twlvesouth-bookbook-for-iphone5-camera-hole.jpg

あー!これはうれしい!
写真を撮る際にいちいちスライドさせて取り出さないといけなかった以前のバージョンから大幅改善。 iPhone4版のBookBookケースを使っていたユーザーにも間違いなくお勧めできる製品に仕上がってますね。

では、またBookBook for iPhone5の皮をクニャクニャにする仕事に戻りますよ。

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2013-01-20