マウントレーニアのリッチカフェラテ(砂糖不使用)を飲んでみた

普段はコーヒーをドリップで飲んでいるので、ほとんどコンビニコーヒーに手を出さないんですが、キラキラしたパッケージ(個人的に大好物)と、糖質制限中の人間にとってのキラーワード「砂糖不使用」を見て思わず手にとってしまいました。

コンビニコーヒーでは老舗であるマウントレーニア(Mt.RAINIER)の「リッチカフェラテ(砂糖不使用)」です。
180mlで183円(税込)でした。

「糖質」の記述は無し

砂糖不使用」と聞いて気になるのが実際の糖質量ですが、確かに「ショ糖」が「0g」とあります。
その一方で「炭水化物」が「9.7g」ありますね。

炭水化物は「食物繊維」と「糖質」が合計されたものなので、この9.7gの中のどれくらいが食物繊維なのかが気になるところです。

原材料は?

公式サイトを見ると「2倍の厳選されたコーヒー豆」「2倍のミルク」「北海道産乳原料」を使ったとありますが、実際の原材料名は「乳製品、コーヒー、乳、乳化剤、香料」。

コーヒーには食物繊維(可溶性食物繊維)が含まれていて、1杯に0.5gと言われています。
この商品の内容量は180mlですから、9.7 – 0.5 = 「9.2g が糖質」ということになるでしょうか。あくまで推測ですが。

牛乳には100mlあたり5gの糖質が入っているので、この糖質量は見方を変えれば自然な量とも言えますね。

味は?

一言で「美味しい」です。よくあるようなサラッサラの飲み物ではなく、濃厚なミルク感を感じます。
砂糖不使用なので甘みは牛乳成分のみで構成されているようです。

砂糖不使用で人工甘味料を使っていない飲料としてセブンプレミアムのカフェラテにも砂糖不使用のものがありますが、このように糖質制限を重視した飲み物が増えてくると嬉しいですね。

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2016-03-31