ロザリオビアンコはコスパ&甘さに優れたマスカット!

2019-09-26

マスカット系でスーパーでよく見られるぶどう品種といえば「ロザリオビアンコ」ではないでしょうか。

やや価格が高いシャインマスカットや翠峰に見た目は似ています。

生まれたのは山梨県で「ロザキ」と「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を交配して生まれた品種なのだそうですよ。

価格は概ね1,000円以下で買えるので「シャインマスカット高いな〜」と思っている方にとっては救いの神的存在。

皮ごと食べられる!甘い!

味の特徴としては、香りはそれほど感じませんが、すごく甘いです。

で、皮が薄くて皮離れしないので、皮ごと食べられます。

食感としてはシャインマスカットの「パキッ」とした感じではなく、「サクッ」とした感じ(分かりにくいか?)。

果皮自体に苦味はなく、皮ごと食べても果肉の甘さを邪魔しません。

果汁は大変多く、ジューシーです。

ロザリオビアンコは種あり

ただ、欠点もあります。

切ってみると分かりますが、やや大きめの種の存在。

まるごとパクっといきたいのに「ガリッ」と種が邪魔をする。

だいたい1粒に種が2つありますね。

ただ、顆粒が大きく取りやすい種なので、半分かじって取ってしまうこともできます。

来客の席で食べるよりは、家で食べる用に良いと思いますよ。

評価ですが、こんな感じになりました。

甘さとコスパが突出してますね。

見た目は完全に主観ですが、顆粒のつぶつぶがどう見られるかなーと。

というわけで、甘いマスカットならロザリオビアンコをどうぞ!(でも種あるよ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019-09-26