先行レビュー「MovableType 5.1プロの現場の仕事術」

2011-06-25

mt51_work_technic.jpg

MovableTypeの国内開発者のイベント「MTDDC meetup tokyo 2011」の中心的テーマであったMovableType 5.1ですが、そこで書籍を頂いたので早速レビューしてみました。

本書「Movable Type 5.1 プロの現場の仕事術」は、MovableType5.1プラスαのテクニックで皆さんのブログを遥かにパワーアップさせるためのノウハウが多方面に渡ってディープに載っている、最新テクニック本です。

すでにMovableTypeを使いこなしている人も、より効果的な表現方法が身につくだろうし、これからビジネスにMovableTypeを採用しようか迷っている人にとっても「MovableTypeの可能性」という点でいろんな知見が得られる本に仕上がっていると思います。

では、個人的に「これは!」と思ったポイントを2つ挙げたいと思います。

Facebookとの適切な連携テクニック

まず、書かれた記事を最大限にアピールするテクニックとしてSNS(zenback, mixi, facebook)と連携させる方法が紹介されています。

特にFacebookについてなんですが、見出しで「適切な」と書いたのには理由があって、Facebookとうまく連携させるためには、単に「いいね!」ボタンを設置しただけではそれほど効果的ではありません。
何が足りないかというとOGP (Open Social Protocol)の設定です。

OGPを正しく設定して記事を書くことによって、Facebookに効果的なアピールができるようになります。 これらの方法について、Facebookの専門書も手がける蒲生トシヒロさんよる解説が載っています。

Facebookを活用して自サイトのアクセスアップを狙ったり、連携を自動化させたりしたい方にとっては必見の内容です。

MTAppjQueryプラグインによる手軽な管理画面のカスタマイズテクニック

次は管理側のテクニックですが、jQueryを利用してテンプレートhtmlをいじることなくエントリーフォームのラベル名やレイアウトをカスタマイズすることができるMTAppjQueryプラグインの活用テクニックが良かったですね。 個人的にパン屋さんのサイトを手がけた際にお世話になったプラグインで、パンの登録をエントリーとして扱い、価格入力などをしやすいようにカスタマイズしてました。

かなり有用なプラグインでしたが、MovableType 5.1に対応したのに加え、ネット上に情報が少なかったので詳しいマニュアルが得られるようになって嬉しいですね。

終わりに

他にも、スマートフォン対応サイトを制作するためのjQuery mobileを利用したサイト制作方法や、電子書籍としてEPUB形式で書き出す方法など、これからの時代に合わせたmovableTypeの活用法を考えている人にとってはピッタリな本と言えるでしょう。

Movable Type 5.1 プロの現場の仕事術 [単行本(ソフトカバー)]


Movable Type 5.1 プロの現場の仕事術 [単行本(ソフトカバー)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2011-06-25