ブラックビートを例えるなら「食べやすい巨峰」か。

2019-10-06

近所のスーパー「オオゼキ」で、やや珍しいぶどう「ブラックビート」なるものを発見!

一瞬、大好物の「ナガノパープルかな?」と思ったんですが、いっしょに売ってあったロザリオビアンコと同じで大変リーズナブルな値段(580円)だったので、期待を込めて購入してきました。

ブラックビートを食す。

まず、顆粒は巨峰よりも大きめで、名前の通り黒いです。これがナガノパープルと見間違えた理由なんですが、ピオーネとかだともう少し紫色を帯びてますからね。

ただ、この黒さは悪い色じゃなく、間違いなくポリフェノールの色です。

顆粒を切ってみたところ、種がなく、大変食べやすいように作られています。

そして、皮の渋み。

皮は巨峰やピオーネほど厚くはありませんが、ナガノパープルよりもやや厚めで渋みがあるので、この皮がやや苦手な人は皮は食べないほうがいいかも?

皮離れは良いので、巨峰みたいに果肉だけ食すのもアリかと。

私はポリフェノール大好きなので皮も食べましたけどね、もちろん舌は紫色に染まりました。笑

調べてみると熊本県で1990年に「藤稔」と「ピオーネ」を交配させて作られた品種なのだそう。

ブルームもしっかりついています

果肉はとってもみずみずしくジューシーですが、やや甘みがナガノパープルよりも劣る感じがしました。甘さ控えめでヘルシーなぶどうといった感じ。

それでいて皮もポリフェノールたっぷりなので、健康的にぶどうを食べたいならブラックビートがぴったりなのではないでしょうか?

評価はこんな感じになりました。

コスパも良いので、見つけたらぜひ食べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2019-10-06