パワーサポートさんのiPhone5用プライバシーフィルムを装着。

privacy-film-set-iphone5-title.jpg

iPhoneの画面って、電車の中で意外と覗かれてます。(電車の中で見回すとそういうシーンに出くわすこと多し)

私はiPhone4でもつけてましたが、特に不便な状況になることがなかったので新しく購入したiPhone5(白)でもプライバシーフィルムを付けることにしました。 選んだのはパワーサポート製の「privacy film set for iPhone5」です。

ん? 説明書が…

中には本体のフィルムと説明書、ホコリを事前に取る「ダストリムーバー」というシールと、綺麗に拭き取るためのクロスが入ってましたが、新品のiPhone5なのでクロスとかダストリムーバーは使ってません。 でもAmazonのレビューを見ると評価高そうですね。

privacy-film-set-iphone5-exp.jpg

で、説明書なんですが、これプライバシーフィルム用の解説じゃないんですよ。
初めにセンターの剥離フィルムをカットラインから切り取って…」みたいなことが書いてあるんですが、このプライバシーフィルムは単に1枚のシンプルな台紙になっていて、隅っこに指でつまむためのベロが出てるだけ。

普通に角から貼り付けるしかできません。 しかし、事前に私はいろいろ調べておきました。次の2つを守れば失敗する確率が減らせることを。

フィルム貼りを失敗しないための2つのポイント

  • ホコリの少ない「お風呂場」で貼る。
  • ずれないように、左側に3箇所、蝶番のようにマスキングテープを貼る。(ちょうつがいメソッド

で、あとはフィルム自体に気泡が入りにくい材質なのかが重要ポイントなのですが、パワーサポート製のプライバシーフィルムはある程度の厚みがあり、凹凸がないので気泡なしで貼りやすいようにできてました。

無事に張り終えた。

privacy-film-set-iphone5-top.jpg

こんな感じで貼ることができました。
なんというか、プライバシーフィルムのせいじゃないんですけど、iPhone5の白ボディとフィルムの黒とが合わさってグレーになってますね。 画面の明るさは問題ないです。

横から除かれた場合

だいたい斜め45度からだとほとんど見えなくなります。

privacy-film-set-iphone5-left-angle.jpg

上から覗きこまれた場合

だいたい30度くらい傾いてるとほとんど見えなくなります。 下からだと45度くらいかな。

privacy-film-set-iphone5-top-angle.jpg

privacy-film-set-iphone5-bottom-angle.jpg

購入前の参考になれば幸いです。 では~!

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2013-01-20