iPhone3Gの人、解約違約金から逃れよう!

2010-08-23

私、未だにiPhone3Gでございます。 日本では最古のiPhone使いということになります。

すでに多くの人がiPhone4を手にし、快適なiPhoneライフを送っていると思いますが、iPhone3Gの人もそろそろ契約時の2年縛りが解ける時期ではないでしょうか?

しかし、2年縛りの解約タイミングを間違うと「違約金」を徴収されてしまう事実をご存じない人も多いかと思います。 今回は私が直にソフトバンクショップで伺ってきた違約金システムをご紹介しましょう。 間違ってたらSBのせいです。(笑)

契約日がちょうど2年前の8月だとして…

契約日がちょうど2年前の8月10日だとして、今は8月の下旬ですから、利用者からみたら「おっ、2年過ぎてる! 解約しよう!」と思うのは当然の流れではないかと思います。 しかし…

iphone_kaijo_trap.png

まず上の図を見てみると、なんと料金の引き落としが2ヵ月後からなので、10月にならないと2年経過したことにならず違約金が発生してしまうのです!

また、下の図を見ると、iPhone契約時から何らか別のプラン(例えば「パケットし放題フラット」など)に変更してしまった場合、契約した日から1ヶ月間が「更新月」として設定され、解約日がその更新月の間にない場合は、そのプランの解約違約金が発生してしまうのです!

いやすごいこれ、なにこれ、ヤラれたし。。 (もちろん、プラン変更していない人は契約とプラン加入が時期的にシンクロしてますから、違約金は取られませんよ。)

じゃ、いつ解約すればいいの?

ということになるのですが、ソフトバンクの人に調べてもらったら「10/11ですね。」と曰われました。 つまり、契約の2年縛りが解けた初日ということになります。

でも下の図に照らしてみると…あれ? プラン更新月の違約金が発生してる…! でも、2011年の4月11日まで待っていたら、余計に費用がかかってしまう。。 どっちにしろ違約金取られるやないか~!!(泣)

結論としては、プラン変更はiPhoneの契約日に合わせて行ないましょう、ということなのでした。 iPhone3Gユーザーのみなさま、気をつけてくださいね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2010-08-23