ファミマのバターコーヒーはちょっと違うかも…

doutor butter coffee

なんとフラッと立ち寄った近所のファミリーマートのドリンクコーナーに「バターコーヒー」が売ってありました!

最初は目を疑ったんですが、手にとって見て、やっぱりグラスフェッドバター&MCTオイルを元に作られたバターコーヒーです。
(ただ、牧草が十分に生育しない場合は、一時的に補助的な穀物飼料を与える旨が記載されています)

doutor butter coffee explanation

成分を見てみると、自作のグラスフェッドバターコーヒーと違って「植物油脂」「乳化剤」「カゼインNa」が含まれているようです。
まあ、この辺りは商品開発上、仕方ないところなのでしょう。

販売者は「株式会社ドトールコーヒー」。あのドトールですよ。
ぜひ実際のカフェでも出して欲しいところ。

doutor butter coffee seibun

コップに注いでみると、自分で作ったものとはまるで違う、カフェラテのような色をしています。
うーん、、こんなだったかな?

doutor butter coffee glass

自分で作ったバターコーヒーは、1分くらい撹拌していてもすぐに分離して、やや乳化するぐらい(すぐ上の方にバターやオイルが浮いてくる)ですが、これは完全に混ざりきってますね。
振って飲むタイプにしたらやっぱりうまくいかなかったのかも。

飲んでみた。

飲んでみると、バターの香りはなく、無糖のカフェラテを飲んでいるような感覚。
でもバターコーヒーが苦手という方にはこちらが向いているかもしれませんね。

お値段は184円(税別)(税込:194円)で、特に高くなかったです。
毎日作るのが面倒くさい!という人には良いのではないでしょうか?

販売元HPはこちら

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2018-01-06